読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローレン・マッコールの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介~!マッコール

やればできる!の前に諦めてしまいそうです。ですが、そのやり方が、練習方法が書いてあるという本はなかなかない気がします。誰でもやれる手法ですが!すべての人が動物の声をきけるか!というとそれはできないような気もします。

これっ♪

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

マッコール ローレン・マッコールローレン・マッコールの動物たちと話そう [ ローレン・マッコール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

自分は!3年頑張ってる間に愛猫は16歳を超えてしまうし!闘病している今の状況で!自分には厳しい気がします。が!ウインドウズだけの対応のようなのでうちでは使えず…。生きる事について考えて、瞑想には興味を持っています。とてもいい本です。動物と話す、という事について「瞑想」が出てくるとは思ってませんでした。「自分たち人間にもともと備わっている感覚を思い出す作業」をいろんな方法で蘇らせる方法が数例書いてあり、あとは練習で自分に合った方法を探してくれとありました。まだ!辿り着いてないですけど!著者も書いてるようにちょこちょこ継続してやってます(^_^;)購入当初は丁寧に書いてあるなーと読んでいましたが!全部読み終わるにつれてだんだん厳しい気がしてきました。まだ少ししか読んでいないので具体的なところまでいきついていませんが、本当に達成できたらこんなうれしいことはありません。私的には夢があってお気に入りの本です。更に!著者は従来の瞑想へのアプローチでは辿り着けずに挫折した。こういった状態で!この本に触れ!読み進めました。でも話せるようになりたいのでがんばってみたいと思います。基本的なことは同じなのですが、もっと詳しく書いてあって、何度も読み返すのに良いです。「イメージする力」の重要性が書いてあったり!動物と話すために自分の根を大地へ伸ばしイメージをすることや!ネガティブなものを放出するイメージの仕方!等々もあり!「想像する力・気付く力」など最近の現代人に乏しいものを膨らませる努力も必要である様でした。でも!別の方法(簡単)でアプローチして辿り着いた!とありました。また!読んでいて気持ちがリラックスするような気がしました。著者は大体全部で3年程習得までに時間を要したとありました。飼い主の意識レベルが上がれば!人間が本来持っている能力として開花していくのだから!あまり欲を出さず!犬を心から愛し!犬との触れ合いを楽しみながら!犬に語り続ければ良いと思います。CDも販売されているようで!そちらの方が良いかもしれません。でも実践する中で出来ることもたくさんありました。テクニックを身につけるのはとても時間がかかりそうですが癒される内容だとおもいます忠実に実践するべきなんでしょうが、他人に協力を求めるのは難しいなぁ〜という所があります。昨年亡くなった猫と話がしたくて、でも、亡くなった動物と話すのは高度な技術(?)のようです。気長にトライしてみよう、ぐらいの人に適した本で、私は買って良かったです。自分はペット飼ってないです。話は現状の自分についてになります。「話せたら人生面白くなるかな?」って思いもあって。ペットの気持ちや体調の事がわかればどんなにいいだろうといろんなコミュンイケーション法の本を読みましたが、書いてある事は大体皆一緒です。例え!進めなくても一通り全部!ゆっくりと読んでいこうと思います。良いことばかりが書いていないのも!とても参考になります。特別な能力のある人だけでなく、何度も練習すれば誰にでもできるとありますが、自分にはとても難しく感じます。けど、全然やり方がわからない、出来ない状態。結果を急ぐ人には薦められない本です。確かに、決められた手順に従ってやるこの方法は、何度も行うことで習得が可能なのではと思わせるものでした。簡単にできますとは書いていない分!信用はできますが!テレビの志村動物園にたまに出てくる「ハイジ」さんの様なテレパシー的な感じではなく!「崇高なる魂との対話」と著者も書いていますが!そういった「魂との対話」で話すということなので自分が思っていた動物との対話と違うなと思う人も多いのではないかなという気もします。その上で自然と!身についているのであれば!それに越したことはないのかなと。その結果、愛犬とのコミュニケーションが落ち着いてでき、今までよりさらに気持ちが理解できるようになったと思います。疑ったり!自分には無理と思うこと自体が!人間にもともと備わっている力にブロックをかけ出来ずらくするとあったので!自分自身へのメンテナンスにも相当時間を要する気もしました。エクササイズをやってみてはいますが道は遠く!あきらめずに続けることが大切だと思います。テレパシーというのは!右脳を活性化してエスパーなるということだと私は理解しているのですが!超感覚というのは!理屈ではなく!感覚的なものなので!活字で理解するのは難しいような気がします。実践はかなり難しと思います。お仕事にしたい人は別ですが一緒に家庭で生活してて言葉がわからないなりに!一方的に思えても「おなかすいた?」「お散歩ね」「トイレは?」「お水飲む?」などコミュニケーションできていると思います。精神世界を信じる人でないと、ありえない、でおわってまいそうです。一生懸命育てていっぱいの愛情を注ぐからこそ愛おしさが増す、それでいいんじゃないかなぁって・・・具体的方策や、実行するに当たっての行動イメージの作り方など、色々参考になりました。この本は入門編という感じで、亡くなった動物と話をするためのことは書かれていません。手に取ったきっかけは「動物との会話」という思いでしたが予想してなかった「瞑想へのアプローチ」についての記述と更にそれが手順を守ることで辿り着く方法、という新たな概念との出会いがあり自分にとっては「得たいもの以上のものが入ってた」って感じです。アニマルコミュニケーターとして活躍していてお弟子さん(?)もいる知人がいますが、そういう繋がりでもないと本格的には難しいよなぁ〜というのが本音です。。飼っていた猫の気持ちを知りたくて購入しました。著者から学んだ方が講師の講座で学びました。その上で!経験を積み!動物と話すことを目標にしている本だと思います。伝記的なものを読んでも自分には出来ないことばかりな気がしますが!この本は!きっかけは与えてくれているわけですから!体得できなかったとしても「自分にも」という希望は伝記本よりかは与えてくれていると思います。タイトルの道のりの険しさ!とはこの部分です。本に書かれているやり方をマスターすることができれば、コミュニケーションができるようになるとのことですが、最初の段階の事ができずに先に進めないでいます。読んでいるとやさしさにつつまれているような感じがしました。動物と話せる人の本は色々出ていますが、話せるようになるためのエクササイズが書かれている本は、なかなか無いので、とても興味深いです。わんことお話がしたくて購入しました。著者も「話すことばかりにとらわれてはいけない」とありましたが、アニマル・コミニュケーターのプロを目指すのでなければ、やはり自分の肉体の目でしっかり彼・彼女らと向き合い、触れ合い、信頼関係を築いて今を共に楽しみ、しっかりと見つめ共に生きていくことの方が大切なのではないかと、この本を読み更に確信した気が自分にはしました。こちらの思いも伝わって、一方通行ではなく話し合えているような気がします。でも、動物と話すってどういう事?って好奇心から購入しました。私の場合、すでにある程度できていたので、この本でもっとブラッシュアップできるかと期待していましたが、それはなかったです。実際行ったセッション内容なども記載されていて!とても興味深く読みました。